お薦め

2つの協会認定マーク取得のコエンザイムQ10

一過性のはやりではなく安定した人気を保つコエンザイムQ10。
ここまでくればブームではなく、健康食品として完全に認知されたと言っても良いでしょう。
そんなコエンザイムQ10の効果はこちらのサイトを参考にしてください。

しかし、この人気があだになり、コエンザイムQ10成分が一切含まれていなかったり、
ごく微量しか含まれていないにも関わらず、
コエンザイムQ10サプリメントとして販売される商品が未だに多く出回っています。
こんなものを購入してはまさに無駄遣いです。

こんなことにならないよう、
本物のコエンザイムQ10含有サプリメントを見分ける方法を考えてみたいと思います。
コエンザイムQ10の含まれるサプリメントの品質を一番簡単に見る方法は2つの認定マークです。

有名なものでは以下の2つ。
まずは(財)日本健康・栄養食品協会による認定マーク。
JHFAマークとも呼ばれています。
いくつかの検査・試験をパスした商品でなければこのマークはつけられませんから、
一定の品質を確保している商品であることがわかります。

次にコエンザイムQ10に焦点を絞った認定マークでは、
日本コエンザイムQ10協会の品質認定マークがあります。
30mg以上の含有量があることはもちろん、
吸収率のデータの提出などいくつかの厳しい基準が課せられていますので、
このマークがついていれば安心でしょう。

ただ、これらの認定マークを取得するには、
団体への加入金やマークの取得費、検査の実施費など様々な費用がかかります。
当然、それらが商品代金に上乗せされることになりますので、
他のマークを取っていないサプリメントに比べると割高になる傾向があります。

もちろん、マークを取っていないからといって全てのサプリメントで品質が悪いというわけではありません。
ただ、サプリメントというのは毎日口に入れ、体に吸収されるものですから安全第一です。

認定マークのあるものを選ぶにしろ、そうでないにしろ、
価格の安さだけで選ぶのはやめたほうがよいでしょう。