お薦め

自然の力発酵法で生まれたコエンザイムQ10

コエンザイムQ10の作り方にはいろいろな方法があります。

その中で多く採用されているのは「合成法」。
この製法には、比較的早く、低コストで精製できるメリットがある半面、
高純度で品質の高いコエンザイムQ10を精製するのが難しいというデメリットもあります。

一方、アミノ酸のパイオニア的企業である協和発酵が採用しているのは「発酵法」。
微生物による生成で、自然本来の形に近いコエンザイムQ10をつくります。
コエンザイムQ10をつくることのできる菌は約100種類といわれますが、
その中でも最も効率よくコエンザイムQ10をつくることのできる菌「KY4113」を探し出すのに数カ月かかり、
純度の高いコエンザイムQ10の精製法の確立にさらに時間をかけ、
今に至っています。
コエンザイムQ10の効果効能・副作用の比較と選び方についてはこちらを参考にしてください。

協和発酵のつくるコエンザイムQ10をつかったサプリメントは、
多くのユーザーから定評がある確かな品質が魅力ですが、
こういった背景を知ると、改めて安心感を持つことができますね。

発酵は日本人とは切っても切れない食文化。
古くから慣れ親しんだ発酵から生み出されたコエンザイムQ10は、
日本人が吸収しやすい形をしていて、かつ純度が高いというメリットがあります。

ちなみに、コエンザイムQ10の吸収率の低さは、数ある栄養素の中でも指折りで、
メーカー各社はその構造を変えたり、他の栄養素との組み合わせなど様々な対策をとっています。

また、自然に近い製法ということは、その原料や品質管理もより厳格になります。
協和発酵のコエンザイムQ10を利用したサプリメントには、
製薬会社レベルの管理体制が敷かれているため、
健康に気を使う人でも満足できる品質に仕上がっています。

サプリメントのラベルやパッケージには、何が含まれているかその名前と量しか書かれていません。
しかし、少なくともコエンザイムQ10のサプリメントを選択する際には、
数字の裏側にある製法などの要素についても検討するのが賢明と言えそうです。